インドのピックル最新情報

  • 2017.04.13 Thursday
  • 21:10

JUGEMテーマ:カレー料理

問い合わせをいただくことが増えたので、

商品「インドのピックル」の概要、最新情報をまとめました。

 

「インドのピックル」とは

ピックルとは、スパイスと油と塩を使って保存性を高めた

インド定番のお漬物・つけあわせで、アチャールと呼ばれることもあります。

身近な食べ物で言えば、ごはんが進む梅干、しば漬け、ザーサイ、

はたまた塩レモン、柚子こしょう、ふき味噌、食べるラー油、生七味のような存在。

酸っぱい青マンゴー、レモンやライム、しょうがや青唐辛子の他に、野菜、魚や肉でも作ります。

なお、1週間程度で食べきるものから梅干程度のしょっぱさのものまで幅広く、

塩分濃度の高いものはインドでも常温で何年も保存し、

熟成して味がなじんでいく過程を楽しむことができます。

 

ERI CURRYの商品「インドのピックル」は、

浜松市や静岡市で採れる新鮮な柑橘類、野菜や果物、

宮古島の島唐辛子などを原料とし、全て手作りで製造しています。

iPhoneImage.png

カレーに付け合わせても、混ぜても美味しいし、
鍋ものなどにチョイ足しするのもオススメです。
 

◆味のご紹介(現在販売中のもの)

 

オススメ!!シークワァーサー:日本原種で独特な香りと風味。宮古島産無農薬を使用。苦味があるのでちびちびつまむのがよいと思います。クラッカーの上にチーズや水切りヨーグルトなどを載せた上に添えると、アクセントになります。味がなじんで今美味しい時期です!

 

生ゆず:にんにく、しょうがなどの元気が出るスパイスと和の香りゆずを合わせました。パンチのある味ですので、肉に合うと評判です。浜松市産無農薬を使用。

 

オススメ!!ライム:まろやかな苦味と柑橘類のはじける爽やかな香りを楽しめます。新鮮でぷりっぷりの静岡市産減農薬ライムを使用。飽きのこない味です。

 

ホットライム:インドでは定番のしょっぱ塩辛いピックルを再現しました。塩分濃度が高いのでちょっとの量でごはんの箸が進みます。現地ではインド式でごはんにヨーグルトをかけて、このピックルを添えて混ぜて食べるのが定番です。

 

たちばな:珍しい日本原産の柑橘類。静岡県が最北端の産地です。なんともいえない独特な、土のような胡麻のようななつかしい深みのある香りです。インドのピックルの中でも一番人気の一品。水炊きや塩ラーメンなど素材の持ち味を生かした汁物に入れると味に奥行がでます。

たちばな生:辛味のあとにふわっと橘独特の強い風味がきます。豆板醤やゆず胡椒のように使えます。塩分濃度が高いのでちょっとの量でごはんの箸が進みます。インドでは定番のしょっぱ塩辛いピックルを再現しました。塩分濃度が高いのでちょっとの量でごはんの箸が進みます。

 

 

イベント限定商品:ゴーヤなど季節商品を販売する場合があります。

◆買える場所

通常は、静岡県浜松市内の委託販売先で購入することができます。
◆浜松市東区将監町 やまこうこだわりの野菜、精進食材が揃っています。

 シークワァーサー:日本原産。宮古島産無農薬。独特の風味と香り。

 シークワァーサー生:にんにく入、唐辛子多めでパンチあり

 たちばな:日本原産、独特の風味、香り。一番人気。

 たちばな生:辛味の後にたちばなの風味を楽しめます。豆板醤やラー油、ゆず胡椒の感覚で使えます。


◆浜松市中区田町 セミナールーム 黒板とキッチン毎月ERI CURRYのカレー講座を開催中
 青マンゴー:ひそかにファンを増やしています

 シークワァーサー:日本原産。宮古島産無農薬。独特の風味と香り

 シークワァーサー生:にんにく入、唐辛子多めでパンチあり

 ライム:柑橘類の爽やかの香り。飽きのこない味です

 ホットライム:インドで定番の作り方で作りました。ちょっとの量で箸がすすみます

 生ゆず:前シーズン大人気。にんにく入で肉に合います

 
◆浜松市中区初生 あさのは屋品揃えがともかく豊富な自然食品&雑貨店 
 シークワァーサー生:にんにく入、唐辛子多めでパンチあり

 ライム:柑橘類の爽やかの香り。飽きのこない味です

 ホットライム:インドで定番の作り方で作りました。ちょっとの量で箸がすすみます

 生ゆず:前シーズン大人気。にんにく入で肉に合います

 

*全種類試食販売するのは、イベント出店時のみとなります。

 隔月、蒲御厨おかげ朝市の他、たまに東京方面へ出張販売に行くこともあります。

 ERI CURRYのカレー講座やイベント時販売します。

 

 

◆オススメの召し上がり方

カレーのつけあわせ以外にもチョイ足し調味料としてお使いいただけます。

iPhoneImage.png

インドではヨーグルトに添えて食べることもあります。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

汁物、味噌汁や薄味のスープにいれるとコクが出てよいと好評です。

 

◆問い合わせ先

「インドのピックル」についての問い合わせは

ericurry217@gmail.com まで

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM