丁寧なお仕事

  • 2017.02.11 Saturday
  • 21:23

しばらく暖冬が続いていたので、

この冬の寒さは久々に冬らしいと感じます。

 

最近、キュンとすることがちょいちょいある中のひとつ。

道具の修理についてのお話。

 

知人のK氏から、方々で出店するにあたり、

「骨董品にハマるようになったら泥沼ですよ」と注意を受けたにも関わらず、

インドのピックルの看板から、小道具まで時々購入しています。

お買い得のこともあれば、一般的な感覚からすれば割高なこともあります。

 

いつか欲しいストーブに載せて絵になるやかん。

それもドジな私が万が一空焚きしても大丈夫なもの、と思って、

数年前に買い求めたやかんがあります。

買った翌日から取手が取れてしまって、購入した店で直してもらいましたが、

また取れてしまいました。

 

古道具商を営んでいた友人に教えていただいて訪ねた鍛冶屋さん。

店先の姿が金物でレイアウトされていて、なんだかワクワクしました。

確実に外れないようにする(やかんだけに外れると怖い)ために、

「一回綺麗にしてしまいますけどいいですか?」と質問されました。

どんな風になるのか、修理に出す方もドキドキします。

 

↓修理し終えたやかん

削られて一部ピカピカになっているけれど、

また使っていくうちに色がなじんでいくのが楽しみだと思いました。

気に入ったものだけを長く使う。
こういうのは贅沢なことだと嬉しくなりました。

 

仕事が早くて、頼もしい鍛冶屋さん。

またお願いすると思います。

 

 

さて、少しだけ告知します。

インドのピックルは今が一番品揃えがよくなりました。

種類や取り扱い店舗はコチラ

 

昨年販売して大人気だった橘は、

今シーズン収量が少ないため数量限定ですが、

美味しくしあがっています。

来週2月19日(日)の蒲御厨おかげ朝市では、全種類販売いたします。

今は味がなじんで一段と美味しくなったシークワーサーとライムがイチオシ。

インドのピックルもおかげ朝市もちょうど1周年になります。

1年という歳月で見える景色も少し変わってきたように感じます。

 

お目にかかれるのを楽しみにしています。

JUGEMテーマ:カレー料理

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM