南インド風大根葉のふりかけ

  • 2015.11.19 Thursday
  • 21:50
すっかり日が短くなりました。
最近、疲れやすいと思ったら、
どうやら糖分の摂り過ぎのようでした。
みかんや柿を毎食いただいていたのです。
特に柿は足が早いのでいそげいそげ。
みかんも早生なのでいそげいそげ。
食欲の秋というより、ノルマの秋になっています(笑)

さて、今日はマイブームのスパイシーな大根葉のふりかけの紹介です。
季節柄よく出回る大根葉。
一度に食べきれない時には、塩もみしてよく水気を絞ったり、乾煎りや佃煮でふりかけにし
ごはんに混ぜたり、彩りとして仕上げに添えていただきます。
そんな我が家の常備菜、「葉っぱのふりかけ」を南インド風にしてみました。


あれ?ポリヤル(炒めもの)っぽい?と思われた人もいるでしょう。
ポリヤルはそれほど保存性が高くないので、
パラパラになるまで乾煎りして、塩気も多くするなど工夫しました。
エビとココナッツの組み合わせがやみつきになります。

量が大雑把ですがレシピもご紹介します。
<材料>
大根葉            1本分
植物油            大さじ2
マスタードシード       小さじ1
ウラドダル(あれば)          小さじ1
カレーリーフ(あれば)    ひと枝
干し海老(小エビ、あみえび) 5g
ターメリックパウダー     小さじ1/2
チリパウダー         小さじ1/2       
ココナッツファイン      50cc
塩              適量(保存性を高める場合は濃くする)

<作り方>
1.大根葉はみじん切りにする。
2.フライパンに油を入れ中火にかける。温まったらマスタードシードを入れる。マスタードシードがはじけたらウラドダルを入れる。ウラドダルがうす茶色に色づいたらカレーリーフを入れる。
3.干し海老を入れる。海老の風味を油に移すので1〜2分炒める。
4.1.の大根葉を入れて炒める。水分が出てくるので水分を飛ばしながら10〜15分程炒める。
5.大根葉がカラカラ、パラパラになってきたら、ターメリックパウダー、チリパウダー、ココナッツファイン、塩を入れて、1分ほどよく混ぜる。味を確認して塩を調整する。

人参葉でもオススメです。人参葉はクセがあるので、スパイシーに食べやすいですよ♪
JUGEMテーマ:カレー料理

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM